市販の脱毛器を使用して足のむだ毛脱毛

自宅の近くにエステサロンや美容クリニックがはなかったので、人気の家庭用脱毛器を購入しました

これから記述するのは、私が足のむだ毛脱毛をした時の体験談についてです。私が選択した方法が、家庭用脱毛器を使用するというものでした。その時、人気の機器を選んで購入しました。決して安いわけではありませんでしたが、エステサロンや美容クリニックが自宅の近くにはなく、通うことが難しかったため、意を決して購入しました。

その機器は、黒い色に反応する光をむだ毛の気になる部分に照射することで、毛根に対してダメージを与え、むだ毛を生えてこないようにするというものでした。照射する光の出力は段階に分かれており、部位や毛の濃さによって選ぶことが出来ました。実際に使用した人の体験談を調べてみると、出力が強いと我慢することが出来ないほど強い痛みを感じるという意見が多かったため、最初は、弱い出力で使用し、徐々に出力を上げていきました。

問題点は使用するのに時間がかかること。片方の足だけでも、30分以上の時間が必要

足については、私は元々毛が濃い方ではなかったということもあり、最初から強い出力で照射していました。場所によっては、ビックリするほど痛みを感じることもありましたが、ほとんどはそのようなこともなく、痛みを感じると言っても、我慢する必要のないほどでした。
問題点としては、使用するのに時間がかかるということでした。片方だけでも、30分以上の時間が必要で、なかなか思ったように使用することが出来ませんでした。最初のうちは、2週間に1回のペースで、徐々に間隔を延ばしていき、1ヶ月に1度のペースで使用を続けた所、半年程度でカミソリなどでの自己処理が必要ないほどむだ毛は気にならなくなりました。

効果を得るまでには時間が必要なので、使用開始時期は秋・冬の肌の露出が少ない時期から始めるようにすると良い

私が購入した機器は、本体とカートリッジに分けれており、本体が壊れない限り、カートリッジを取り替えることで何度でも使用することが出来るというものです。カートリッジについては、回数は明確ではありませんが、交換はまだまだ先のようです。そのため、足だけではなく、その他の部位のむだ毛に対して使用していきたいと思っています。
購入した時は、高いと思っていましたが、思ったよりも高い効果を得ることが出来た為、購入して良かったと思っています。ただし、効果を得るまでには時間が必要となりますので、使用開始時期は秋・冬の肌の露出が少ない時期から始めるようにすると良いでしょう。
痛みを軽減するためには、むだ毛が気になる部位を冷やしながら、脱毛器を使用すると、感覚が麻痺するのか、痛みが軽減されたように感じました。使用後には、保湿ケアを忘れないようにしましょう。