脱毛のお手入れ前は憂鬱でした

人よりも腕の毛が濃く気にしていた小学生の頃、剃ることを母親に強く反対されコンプレックスを抱え続けていました

まだ私が小学生の頃の話です。私は人よりも腕の毛が濃く、それがとてもコンプレックスでした。なんとかしてこの毛を無くしたいと思っていました。しかし、私の母は「小学生のくせに腕の毛を気にするなんて」と私の悩みを真面目に聴くことはありませんでした。
一度、カミソリで自分で腕の毛を剃ってしまったことがあります。すっきりとした美しい自分のうでにうっとりしたのですが、母は私の腕を見て物凄く私を叱りました。「そんなことをするとますます腕の毛は濃くなるんだから」と母は言いました。私はそれなら毛を剃り続けばいいだけのことだと思いましたが、その後、母はしょっちゅう私の腕を見るようになってしまいました。
そして私が毛を剃ってつるりとした腕を見るたびに「また悪いことをして。そんなことしているとごわごわの毛が生えてくるんだから、知らないからね、そんな毛が生えてきても」と相変わらず私を叱り、私は母の剣幕にその後腕の毛を剃る事を止めました。

腕の毛のせいでからかわれたり意地悪をされたり、、、いつか大人になったら脱毛商品を買ってきれいな腕にしたい

学校では私の腕の毛のせいで男子に男子「猿」とからかわれたり、女子に陰でこそこそ笑われたりしました。自分の毛が私よりも短く薄いことをわかっていて笑いながら私の側に来て「私の腕の毛、太くて長いんだ〜、あ〜やだ〜、ほら、比べてみてよ〜」と私の腕に腕をくっつけてくるという意地悪をしてくる子もいました。
そんな小学生の私がいつも憧れていたのが家の近くのドラッグストアで夏が近くなると充実してくる脱毛関連の商品のコーナーでした。母親のいう事を聞かなくてもよい大人になったら私はこの商品を使ってきれいな腕になろう、と決めていました。エステにも憧れました。いつかエステサロンできれいにお手入れして貰うのは小学生の私にとっては本当に夢のような事でした。

大人になり親元を離れ、やっと脱毛商品を購入して試してみたら、びっくりするくらい綺麗な腕に!

それから数年たち、私は小学生から大人になりました。母は相変わらずで私は母と対立したくないがために腕の毛のお手入れはあきらめ、長袖ばかりを着ていました。その後数年して私は親元を離れてアパートで一人暮らしを始めました。もう、自由です。その年の初夏に私は近所のドラッグストアでうきうきしながら脱毛商品を選びました。
お手入れ前の私の腕は自分で見てもかわいそうな腕だと思いました。この太い長い毛が私の腕からなくなったらどんなに私の腕は綺麗になるだろうと期待しつつ、私は脱毛商品を選びました。それはテープ状で肌に貼り付けてはがすものでした。
早速一人暮らしのアパートでどきどきしながらその商品を試しました。びっくりするくらいに簡単に綺麗な腕が現れました。お手入れ前とは雲泥の差です。その時から半袖の服が好きになりました。
今では定期的にお手入れをしているので、お手入れ前の無駄毛があった自分の腕がどんな状態だったか忘れてしまったほどです。今の自分の腕に満足しています。